脅威の高性能住宅「Petit PaPa R2000」登場!!

Petit PaPa R2000は、高気密・高断熱性能を有し、
地震にも強く、人に優しい、環境にも優しい高性能住宅です

マルフジハウスは高気密高断熱住宅のパイオニア

「Petit PaPa R2000」は合理的な建築方法と、優れた特性を持つツーバイフォー工法の家です。カナダで誕生したこの工法が日本で認可されたのは1974年のこと。マルフジハウスでは、十勝の家づくりで長年培った高断熱高気密の技術を2×4工法に融合し、木を生かした家づくりのエキスパートとして、確かな品質の住まいをお届けします。

【“R2000住宅”とは】

世界で最も厳しい住宅の断熱気密の基準です。
カナダのエネルギー省が住宅に使用するエネルギーを2000年までに大幅に削減する目的で開発したのが「R2000」住宅です(「R2000基準」という言い方もあります)。高気密・高断熱住宅の代表例として知られています。

【次世代省エネルギー基準】

国内での断熱気密基準の最高値。欧米レベルの高断熱・気密構造となり、換気基準も強化されました。前回平成4年に改正された新基準に比べ、20%以上の省エネルギーを目指しており、ほぼ欧米と同基準。断熱性能が強化され、さらに換気や暖冷房に関する基準も加わり、健康や環境を配慮した住まいづくりとなっています。

暖房費がこんなに安くなります

【電気代・灯油代を約50%節約可能!】

当社お客さま100棟のアンケート調査の結果、省エネ住宅の効果として歴然とした暖房費の差が出ました。2007年11月~2008年4月までの6ヶ月間、次世代省エネルギー基準住宅の暖房費と比べると、なんと、電気代は40%(47,600円)、灯油代は64%(108,540円)もお得に!ワンシーズンの冬季だけでこの差ですから、ずっと先の冬季のことを考えると…。北国の冬、暖房なしでは過ごせません。ぜひこの暖房費の差をご考慮ください!

※当社住宅暖房費は、当社施工住宅10棟の2007年11月〜2008年4月の暖房費を基にしています。次世代省エネルギー基準住宅暖房費は、熱損失係数(Q値1.6)にて試算。電気代金試算数値を使用。 ※灯油単価1リットル90円で試算。